Good Omen Factory

クルマ、バイク、パソコン、カメラ、ガジェット系をご紹介!!

【ホンダ グロム カスタム】グロムに使いたいフロントフォークのおすすめダストシール!!

 

はじめに

バイク用フロントフォークのダストシールで、とても良さそうな商品を見つけましたので、考察を含めたご紹介をしたいと思います。

例として購入先を載せますが、適合確認はご自身で行ってください!!

 

 

サスペンションの目的と構造について

バイクや車には、サスペンション(衝撃吸収装置)がついています。

これは路面からの衝撃を吸収しつつ、運動性能や操縦安定性に直結しています。

 

サスペンションの詳細な構造は、Wikipediaでも参考にしてください。

ばねとダンパーを使い、衝撃吸収と運動性能、操縦安定性を領地つさせながら高次元にまとめ、メーカーとしての違いを出しています。

サスペンション - Wikipedia

 

 

サスペンションの設計方針

足回りのジオメトリーも絡んできますので、一概には言えませんが、設計方針としましては、衝撃が弱い(ストロークスピードが遅い)時はスコスコ動いて、ストローク限界値付近では粘るのがいいとされています。

逆に衝撃が強い(ストロークスピードが速い)時は、しっかりと減衰させる必要がありますが、乗り心地との兼ね合いが出てきます。

 

ここで重要な部分となってくるのが、初期動作(ストロークし始め)をスムーズにするということ。

また、ダンパーの構造上、極低速域で減衰が発生しづらい為、シール関係で補っています。

 

これらの設定がよくないと、スムースな減衰が起きないので、初期動作がカクついてしまい、荷重の変化が起こった時に、急な荷重変化が起きる為、変な挙動を示します。

例えば、ブレーキをした時に、サスペンションの動きが悪いと、カクっとストロークし始めるため、急激にフロント荷重になってしまいます。

そうなってしまうと、リアの荷重が足りずに、オケツがフリフリ状態になります。

最悪の場合、壁とディープキスをしてしまうので、絶対に避けたい現象です。

 

もちろんストローク中でも、ガクガクに動かれてしまうと、同じような現象が起こってしまいますし、乗り心地は激悪です。

 

なので、色々な所で、静止摩擦係数を減らす努力をしているはずです。

しかし、背反関係にあるので、両立が難しいです。

 

 

ここから先は、バイクの話ですが、ご了承を。。。

車のシール関係は、取り外しなど不可能ですし、バイクの方が圧倒的に簡単に交換できるますので、ご紹介しています。

 

まず、オイルシールとダストシールは、フォークの内部に異物が入らないようにするためのパーツで、ゴム製の部品です。

このパーツでも減衰させることを考慮して設計されていますが、より早くダンパーの構造で効かせた方がより良くなります。

 

 

バイク用フロントフォークでオススメのシール「SKF」

そこで、最近流行っているのもを見つけました!!

それがSKF製のフォークシールです。

technix.jp

 

SKFでは新素材を発表し、材料事態に潤滑機能を持たせることで、摩擦係数を減らすことができ、OEMと比較すると削減量が25~75%とかなり減っています。
さらにこのフォークシールは耐久性が高く、2012年モデルのKTMシリーズにOEM供給されており、量産実績もあります。


SKFフォークシール 対OEMフォークシール比較

 

 

まとめ

みなさまいかがでしたでしょか?

僕は是非使ってみたいです。

NSR250にも使えるみたいですね。

やべ~~~~、車両が欲しい!!

 

グロム用は出てこないかな〜〜〜〜〜