Good Omen Factory

クルマ、バイク、パソコン、カメラ、ガジェット系をご紹介!!

【ガジェット 永久保存??】高コスパのSPQR(スポール)の自動巻パワーリザーブ付き腕時計を購入とレビュー

 

はじめに

中学校入学時に、買ってもらったG-SHOCKとはお別れしました。

10年間?お世話になりました。ありがと~!!

そしてSPQR(スポール)というメーカーの時計を買いました。

 

そもそもSPQR(スポール)とは

下記を引用させていただきますが、日本設計の日本製です。

“Superiore Precisione Qualita Riservato”(卓越した精緻さと品質を約束します)というイタリア語が由来のブランド名の通り、良質な腕時計を送り出し続ける「SPQR」。時計愛好家の間ではもはや名の知れた存在となったこの国産時計ブランドは、かつて諏訪精工舎(現セイコーエプソン)で幾多の商品企画に携わってきた清水新六氏が、2002年、信州諏訪に立ち上げた「時計企画室コスタンテ」の看板ブランドだ。以来、一貫して貫かれている「SPQR」のコンセプトは、「飽きのこない、長く愛用できる時計」(清水氏)を作り続けること。

 

 

SPQR(スポール)の自動巻パワーリザーブ付き腕時計を選んだ理由

時計メーカーはたくさんあり、いろいろと迷いましたが、コンセプトに惹かれたところもありますが、一目惚れですね。

日本製なところもいいですし、手頃な価格で手に入る普段使いに最高な時計です。

 

 

SPQR(スポール)の自動巻パワーリザーブ付き腕時計

スペックですが、材料はステンレスで、バンドは日本製のです。

シースルーバックも搭載しており、機械仕掛けを垣間見れます。

また、パワーリザーブ機能といって、自動巻きで貯めた量を確認できます。

 

そして、シリアルナンバー?も書いてあり、79/200でした。

防水機能などは普通についてるので、安心して使うことができます。

 

 

SPQR(スポール)の自動巻パワーリザーブ付き腕時計の写真

 

 

SPQR(スポール)の自動巻パワーリザーブ付き腕時計の購入方法は 

あまり卸先が無いようで、オンラインストアか横浜のハンズでしか販売されてないみたいなので、そこにも惹かれて購入しました。

とにもかくにも、最高だ!!

www.costante.co.jp

 

 

まとめ

みなさまいかがでしたでしょうか?

少数販売のため、あまり持っている人が少ないところもいいことですね!!

被るのが嫌いな人にもオススメです!!