Good Omen Factory

クルマ、バイク、パソコン、カメラ、ガジェット系をご紹介!!

グロムのエンジンオイルを社外含めておすすめ3選と交換方法

 

はじめに

エンジンオイル交換をしまして、エンジンオイル選びにめちゃくちゃ悩みましたので、その悩みをお伝えしたい!!笑

また、エンジンオイルの種類と特性はなにか、加えて悩んだ末のおすすめエンジンオイルと交換方法をご紹介したいと思います。

 

 

エンジンオイル交換の必要性

エンジンオイル交換は、エンジンの調子を保つために必要です。

エンジンオイルは、一定の距離と時間を使用すると劣化して、オイルの性能が低下してきますので、そうすると金属同士の接触が増え、エンジンの摩耗に繋がります。

詳細は、GooPitがエンジンオイル交換について徹底的に説明していただいています。

そちらを参考にしてください。

www.goo-net.com

 

エンジンオイルの種類と特性

エンジンオイルの交換の必要性がわかってくると気になるのが、どのエンジンオイルを使えばいいのかだとおもいます。

エンジンオイルの種類は、大きく3つのベース油に分類することができます。

それは、化学合成油、部分合成油、鉱物油でそれぞれの特性があります。

簡単にご説明しますと、化学合成油は性能と値段が高い、部分合成油は性能と値段が並、鉱物油は性能と値段が低いです。

詳細はこれまたGooPitのサイトを参照してください。

www.goo-net.com

 

 

純正でおすすめのエンジンオイル2選と社外定番

ホンダ純正 ウルトラ G1 SL 10W-30

グロム の指定オイルで、鉱物油なため安いので短いスパンで交換しても、お財布に優しいです。

現在使用中で、コロコロというかヌメッとというか、エンジンを守ってる感がすごく、ギアも入りもなかなかいい感じです。

Honda(ホンダ) 2輪用エンジンオイル ウルトラ G1 SL 10W-30 4サイクル用 1L 08232-99961 [HTRC3]

Honda(ホンダ) 2輪用エンジンオイル ウルトラ G1 SL 10W-30 4サイクル用 1L 08232-99961 [HTRC3]

 

 

ホンダ純正 ウルトラ G4 SL 0W-30

以前使用していまして、特に問題なく使用でき、全化学合成油なだけあり、ちょっとお高いですが、高性能モデルです。

エンジンを守ってるのかぐらいサラサラとエンジンが回り、レスポンスがものすごく良くなり、ギアもかっちり感が出ますし、最高速もいい感じに伸びます。

ただ、エンジンオイルの寿命を迎えた時の絶望感が半端ないっす。。。

 

ワコーズ PRO-S40 プロステージS 10W40

社外品では最も定番です!!

ウルトラG4と同様に全化学合成油なため、ちょっとお高めです。

使用したことはありませんが、ウルトラ G4と同様な感じになるかと思います。

 

 

グロム のエンジンオイル交換方法

必要なもの

オイル

今回はウルトラ G1にしてみました!!

Honda(ホンダ) 2輪用エンジンオイル ウルトラ G1 SL 10W-30 4サイクル用 1L 08232-99961 [HTRC3]

Honda(ホンダ) 2輪用エンジンオイル ウルトラ G1 SL 10W-30 4サイクル用 1L 08232-99961 [HTRC3]

 

 

ドレンコックパッキン 90407-259-000

 

エーモン ポイパック(廃油処理箱) 2.5L

ご自身で交換するのであれば、必須です。

グロム は0.9Lなので、2.5Lあれば十分です。

【Amazon.co.jp限定】 エーモン ポイパック(廃油処理箱) 2.5L 4928

【Amazon.co.jp限定】 エーモン ポイパック(廃油処理箱) 2.5L 4928

 

 

廃油パックを設置

オイルドレンボルトを取り外す前に設置しておくのが無難です。

 

オイルドレンボルトを取り外す

17mmレンチでオイルドレンボルトを取り外します。

コツはレンチで緩めた後に、手で押さえながら少しづつ回し、最後に勢いよくボルトだけ取ると、オイルが手にかからないで済みます。

似たようなボルトがありますので注意!!

 

オイルドレンボルトの清掃

オイルが出なくなるまでの間、オイルドレンボルトをパーツクリーナーで綺麗にして、ウエスでふきふきしてください。

※写真は後で。。。

 

オイルドレンボルトを取り付け

オイルドレンボルトを取り付けますが、ドレンボルトパッキンは交換必須部品ですので交換することをおすすめします。

オイルドレンボルト規定締付けトルク:24Nm

 

オイルの注入

オイルレベルゲージを取り外し、オイルを流し込みます。

オイル缶にストローをつけるとより入れやすくなると思います。。。

 

オイル量の確認

最後に先ほど外したオイルレベルゲージで、オイルの量を確認して終了です。

 

 

まとめ

みなさまいかがでしたでしょうか??

メンテナンスの参考にしてください!!