Good Omen Factory

クルマ、バイク、パソコン、カメラ、ガジェット系をご紹介!!

【ホンダ EK シビック カスタム】トレーリングアームのおすすめピロと交換方法

 

はじめに

EKシビックをはじめ、DCインテグラのチューニング内容を見直してみようかと思いまして記事にしてみました。

特に、車齢も進み距離が伸びていることから、ゴム系の部品がやばくなっていることが多いかと思います。

数あるゴム系の部品の中から、今回はシャキッと走るために必要な足回りのリフレッシュが重要かと思いまして、その話をできればと思います。

特にトレーリングアームのブッシュは。。。。

 

 

フロントのグリップとリアのグリップ両方高めるのが理想

リアのトレーリングアームは走行性能を決める要素といっても過言ではありません。

車にとって、フロントとリアのグリップ力のバランスが重要で、フロントのグリップ力が高いとオーバーステアになり、リアのグリップ力が高いとアンダーステアになってしまいます。

そのため、両方のグリップ力を上げるのが理想ですが、FFなのでフロントのグリップが注目されがちです。

実際にはリアのグリップを確保しないとオーバーステアばかり強くなるため、速く走れない可能性が大きいです。

 

 

トレーリングアームブッシュは重要

リアのグリップ力を上げるために、リアのトレーリングアームのブッシュは、重要です。

このトレーリングアームブッシュは、ジオメトリの中心部で、そこを中心に設計されているため、ここに不備があると設計通りに動かず、グリップ性能が低下してしまいます。

さらに車高ダウンによって、ゴムのねじれが発生すると、ゴム自身での減衰力の増加や余計な力がかかることによって、本来と違う性能を出してしまい乗り心地が悪くなってしまう。

また、ゴムの劣化が進み、ゴムが切れたりすると、設計した状態から変わってしまい、乗り心地が悪くなる傾向にあります。

 

 

このころはトレーリングアームのブッシュが弱点

トレーリングアームブッシュはもっとも動く部分に設計されています。

さらに3次元的に動くために、ブッシュの容量を確保するためにとても大きい部品になっています。

ブッシュ容量が大きいのが仇となり、ゴムの劣化が進みやすい上に走りに影響しやす唸っています。

設計によってそうなってしまっているので仕方ないですね。

 

 

 

ピロブッシュにするメリットとデメリット

この弱点であるブッシュの対策として、強化ブッシュを入れるなどの手段もありますが、余計な動きを制御する方向です。

特にストローク方向の抑制もされているので、乗り心地を犠牲にしながら、車の運動性能を上げるチューニングとなります。

そこで、ピロブッシュ化することで、ストローク方向の抑制による乗り心地を犠牲にせずに、走行性能に関わる余計な動きを抑制でき、運動性能を上げることができます。

しかし、ピロブッシュにもデメリットがありまして、メンテナンスが面倒なことと、衝撃がボディに伝わりやすくなることがあります。

市販されているピロは、むき出しなことが多く、砂や泥などが入り定期的なメンテナンスをする必要があり面倒ですが、ダストブーツが付いていれば問題ないです。

ゴムの場合、衝撃を吸収してくれますが、ピロは鉄なのでダイレクトにボディに衝撃がつわりますので、ボディの寿命が縮むかもしれませんし、ブッシュを止めているボルトが緩むことがあります。

 

 

おすすめのピロブッシュ

アメリカのサイトを探している時に見つけた物で、デメリットの部分を払拭してくれているもので、輸入しようかと考えていたものですが、ゼロファイターさんが代理店の状態になっていただいていると思います。

市販されているその他のピロブッシュでは、横に動く動きを制限するものが多く、純正状態と違う動きになりますが、このピロブッシュは、純正と同じ3次元的に動きができます。

また、ブッシュをダストブーツが付いており、ローレット加工はしていないものの、ブッシュの取り付けボルトの面が確保され、定期メンテナンスをしなくていい状態になっています。

誰かにオススメしたくて、ブログの記事まで書いてしまいした。

www.zerofighter555.com

 

 

交換方法

ショップにお任せした方が楽だと思います笑

参考までに、リンクを載せておきますが、EGシビックの交換の様子です。

ただ、基本はEKシビックも変わりません。

toprank.jp

 

 

まとめ

みなさまいかがでしたでしょうか?

ピロブッシュかすることは時間とお金がかかりますが、車齢も進んでいますので、交換してシャキッとした車の動きを取り戻していいかと思います!!